Terminal Systemで音声を取得する際の推奨マイクとデータ形式

intdashで音声を取得できるデバイスとしては、Terminal SystemとiPhoneがあります。

本記事ではTerminal Systemでの音声取得について説明します。 iPhoneでの音声取得については、intdash Motionクイックスタートガイドを参照してください。

推奨マイク

Terminal System用の標準車載コンピューター2種類(VTC 1910-S、EDGEPLANT T1)と推奨マイクの組み合わせを以下の表に示します。

マイク型番・組み合わせ VTC 1910-S EDGEPLANT T1
4極CTIAミニプラグのマイク サンワサプライ MM-MC31 ✕ (*1)
audio-technica AT9913is ✕ (*1)
3極プラグのマイクと、3極→4極CTIA変換アダプター ソニー ECM-PC60 + サンワサプライ KM-A25-005
サンワサプライ MM-MC32 + サンワサプライ KM-A25-005
オーディオ延長ケーブル RAYWILL ‎RW-EJYCX-01(Amazon)

(*1) EDGEPLANT T1では音量が低いなどの問題が確認されており、推奨しておりません。

VTC 1910-S、EDGEPLANT T1のマイク用端子は4極CTIAです。上記以外でも4極CTIAプラグのマイクを接続することは可能です。

また、3極プラグのマイクも、3極→4極CTIA変換アダプターを利用することで、接続できます。ただし、上記以外のマイクは、相性により音が聞こえにくいなどの不具合が生じる可能性があり、上記の組み合わせを推奨します。

データ形式

Terminal Systemで音声を取得する際、データ形式は非圧縮のPCM形式に限られます。

項目 パラメーター
形式 PCM(基本は32bitですが、ご希望に応じて16bitでも可能です)
サンプリング周期 48kHz
ビットレート (*2) PCM 32bitの場合:約1.6Mbps
PCM 16bitの場合:約800kbps

(*2) の値は、モバイル回線を介してデータをアップストリームする際、モバイル回線で使用される通信帯域の目安となります。