Terminal Systemに蓄積できる再送データの量を知りたい

ネットワークが切断された状態で計測を行うと、データはTerminal System内に蓄積され、ネットワークが回復したときに自動的に送信されます。

蓄積可能なデータの量は、Terminal Systemの標準的な構成の場合、以下のとおりです:

  • aptpod EDGEPLANT T1: およそ128GB
  • NEXCOM VTC1910-S: およそ100GB

ネットワークが切断された状態でデータを蓄積可能な時間は、時間当たりのデータ量によって変わります。

蓄積可能なデータ量の例

一例として、VTC1910-Sを使って以下の表のデータを取得した場合、ネットワークが切断された状態で30時間程度(100(GB) ÷ 3.5(GB/時))のデータの蓄積が可能です。

データタイプ 頻度 チャンネル数 ストレージ消費の目安 ※
CAN 4000フレーム/秒 2 430MB/時(2チャンネル合計)
NMEA 60メッセージ/秒 1 40MB/時
H.264(1920x1080 ピクセル) 15FPS 1 3120MB/時
合計 3590MB/時(約3.5GB/時)

※ ネットワークが切断された状態で計測を行った場合に蓄積されるデータの量。バックアップ用RAWデータ含む。

なお、上記の計算は一例であり、おおよその目安です。

ストレージ容量を増やすことで、より多くのデータを蓄積することも可能です。 容量の増加をご希望の場合は、要件に合わせて最適な機器(外付けSSD)と設定をご提案しますので、当社担当者までご相談ください。